裸玉 全作品  ( 発表日ハッピョウビジュン q位置イチ-持駒モチコマジュン                                                
  ┌おもちゃ箱
No. 初 出   作 者 玉位置 持 駒 手数 完/不 解 掲 載 番号バンゴウ 備       考
001  1707  * 綱目コウモク 小原大介 62玉 飛2金 15手 ×駒余 綱目コウモク 42(1) *宝永4.6   **綱目 巻4-6番 途中裸玉(原図飛角図式4手目で本図) 
002    1755  * 図巧ズコウ 伊藤看寿 11玉 飛金2銀 31手 ×余詰 図巧ズコウ 11(7) *宝暦5.3   **図巧98番 ジュン完全カンゼンサクとしてアツカうことがある
003  1841  * 風流フウリュウ図式ズシキ 糸原 72玉 飛金3銀3 27手 ×余詰 なし 32(2) *天保12  **風流12番 途中裸玉(原図6手目で本図) 竪山道助「1981ネン詰パラに投稿したが余詰で返送された」(詰パラ2001.1) M244
004    1877  * 將棊ショウギカンタマ 河村古僊 51玉 飛角金銀桂 21手 ×余詰 貫珠(シタ)       p1 51(5) *明治10.7  **貫珠1番 
005    1905  * ** 松本朋雅 31玉 飛角金銀桂 13手 ×余詰 **     1905.1.22 31(2) *明治38.1.15  **東京二六新聞(將棋ショウギマン象1番)  No.4の二列ずらし
006    1928.12 ** 橋本 62玉 飛2金 15手 ×駒余 **             p91 42(1) **詰ショウ棋とハメ手の研究44図 No.1と同図 発表図の持駒に歩あるは誤植
007    1932. 9 将棋研究 相馬駒二 11玉 飛角金桂 19手 ×余詰 研究ケンキュウ   1932.12 p68 11(5)  
008    1942. 9 ショウ月報ゲッポウ 岡田秋葭 81玉 飛2金歩 35手 月報ゲッポウ   1942. 9 p109 21b  
009    1949. 5 将棋ショウギ世界 清水孝晏 99玉 飛2角金2 15手 ×余詰 世界   1949. 7 p39 19(3) No.1Oの作意順で余詰
010    1951. 9 詰パラ 千葉勝美 99玉 飛2角金2 13手 ×余詰 詰パラ 1951.12 p21 19(3) No.9と同図 No.9の作意順で余詰 93桂を補った出題シュツダイしたナカで「ハダカqとして将棋ショウギ月報ゲッポウと王将に投稿した」
011    1952. 1 詰パラ 山田修司 21玉 飛2銀2桂 23手 ×余詰 詰パラ 1953. 1 p40 21(2) 初手24飛で余詰
012  1952. 1 詰パラ 山田修司 12玉 飛2銀桂 21手 詰パラ 1953. 1 p40 12a 途中裸玉(No.11の2手目で本図) 「No.11創作中の原案」(No.12の結果発表時) No.178でセイシキ発表ハッピョウ
013    1953. 1 ** 市川一郎 51玉 飛角金3 19手 × **             p 2 51(4) **ショウ棋どちらが勝か1バン 持駒モチコマサガしとして出題シュツダイ No.4の金銀→金3
014    1953. 6 詰パラ 奥薗幸雄 11玉 飛角2桂2 41手 詰パラ 1953. 6 p25 11a 読者サロンに発表 詰パラ1953.5発表の無仕掛図(早詰)を修正
015    1953. 7 近代キンダイ将棋ショウギ 詰鬼人 12玉 角金2銀2桂 19手 近将  1953. 7 p58 12c 月報1943.6有馬康晴作ハダカq作品サクヒン(左右逆)に2手プラス 有馬は本図(左右逆)も1943年月報に投稿した(ツメパラ1956.7)
016    1954. 2 カゼぐるま 谷向奇z 13玉 飛金2銀桂 15手 ×変長 カゼぐる 1954. 4 p44 13(2)  
017    1954. 4 カゼぐるま 奥薗幸雄 23玉 角2金2銀桂 23手 ×不詰 カゼぐる 1954. 6 p75 23(1) No.15に4手プラス
018    1954.10 カゼぐるま 安達栄司 22玉 角2金4 15手 ×余詰 カゼぐる 1955. 1 p83 22(2)  
018a   1955. 3 ** 市川一郎 51玉 飛角金3g 13手 × **             p 2 51(7) **ショウ棋どちらが勝つか1バン 持駒モチコマサガしとして出題シュツダイ No.13の修正図シュウセイズ 余詰ヨヅメ指摘シテキ(おもちゃバコ03.1)
019    1954.12 王将オウショウ 北原キタハラ義治ヨシハル 92玉 トビ2カドh 19 なし 12(1) 廃刊のため解発表なし
020    1955. 3 詰パラ 岡田オカダビン 51q sdfg 21手 ×余詰ヨヅメ なし 51(5) No.4と同図ドウズ シン発表ハッピョウではなくNo.4との偶然グウゼン一致イッチ記事キジ
021    1955. 5 詰パラ 坪井作道 92玉 飛2銀桂 21手 詰パラ 1955. 5 p31 12a No.12と同図(左右逆)
022    1955. 9 詰パラ 奥薗幸雄 29玉 飛2金2銀 29手 ×余詰 詰パラ 1955. 9 p 3 29(1) 北原義治がコラムのナカで紹介 余詰ヨヅメ指摘シテキ(ツメパラ1956.9)
023    1956. 6 詰パラ *** 21玉 飛金4  9手 詰パラ 1956. 6 p18 21c ***三枝文夫・三木正道・岸本雅美 ほぼ同時期に投稿されたと編集部が紹介
024    1956. 9 詰パラ *** 31玉 飛2金歩5 27手 ×余詰 詰パラ 1956. 9 p36 31(1) ***北原義治・谷向奇z・渡部正裕・山田修司  発表ハッピョウではなく北原義治が「ア・ラ・カルト余談」の中で衝突ショウトツ事故ジコとして紹介ショウカイ
025    1956.10 詰パラ 武留独九 43玉 飛2角金桂 35手 ×余詰 詰パラ 1956.10 p 2 43(1) 武留独九作のコントの中で久五郎作として発表 9手目からNo.8の9手目からと同手順
026  1956.10 詰パラ 武留独九 23玉 飛2金桂 31手 詰パラ 1956.10 p 2 23a 武留独九作のコントの中で久五郎作として発表 途中裸玉(No.25の4手目で本図) No.8の81q→23q,jg
027    1956.10 詰パラ *** 11玉 飛2角2 23手 ×余詰 詰パラ 1956.10 p38 11(1) ***黒坂隆身・田辺国夫 田辺がエッセーの中で余詰作と紹介 なぜかNo.60で正式セイシキ出題シュツダイ
028    1956.12 詰パラ 松井雪山 11玉 飛角2銀桂 13手 ×余詰 詰パラ 1956.12 p 4 11(3) No.14の桂2→銀桂 石井藤雄が「偶感グウカン」のナカ紹介ショウカイ 余詰ヨヅメ指摘シテキ(ツメパラ1957.4)
029    1956.12 詰パラ 鈴木幸之助 53玉 飛2角金2桂 37手 ×余詰 なし 53(1) No.25に2手プラス=No.26に6手プラス 鶴田主幹がコラムのナカで紹介
030    1958. 4 詰パラ 北川明 17玉 金2銀4桂歩2 19手 ×不詰 詰パラ 1958. 8 p55 17(3)  
031    1959.12 詰パラ 北川明 17玉 金2銀4桂香2 19手 詰パラ 1959.12 p 9 17b No.30の修正図 「ハダカq後日談ゴジツダン」のナカ発表ハッピョウ
032    1960. 2 詰パラ 巨椋鴻之介 11玉 飛角桂香歩2 29手 ×余詰 詰パラ 1960. 2 p45 11(6) ハダカq大会タイカイ」のナカ発表ハッピョウ 余詰情報ジョウホウ(詰パラ1966.12)
033    1960. 2 詰パラ 安東功 94玉 飛2金2銀2歩 25手 ×余詰 詰パラ 1960. 2 p46 14(2) 「裸玉大会」の中で発表 余詰情報(詰パラ1966.12)
034    1960. 2 詰パラ 菅野篤 19玉 飛2角2金 35手 ×余詰 詰パラ 1960. 2 p46 19(1) 「裸玉大会」の中で発表 余詰情報(詰パラ1966.12) No.9の角金2→角2金(左右逆)
035    1960. 5 詰パラ 福田稔 52玉 飛2角桂3 25手 ×余詰 なし 52(3) 読者サロンに発表
036    1962. 6 詰パラ 板橋あさゑ 23玉 飛2金桂 31手 詰パラ 1962. 8 p56 23a No.26と同図 山田修司「キュウパラ(No.26よりも前)に投稿したが未発表ミハッピョウ」(詰パラ1962.11)→板橋「りる」(詰パラ1963.1)
037    1962. 6 詰パラ 岩木錦太郎 99玉 飛角2銀2香2 17手 詰パラ 1962. 8 p56 19a  
038    1962.12 詰パラ 奥薗幸雄 21玉 飛角金2 35手 ×不詰 なし 21(3) 坂本一裕が「古今裸玉集−蛇足−」の中で「発表誌不詳」と紹介−誤報ゴホウか(詰棋界ツメキカイ1952.6にqカタ71hあるあり)
039    1963. 2 詰パラ 柏川悦夫 11玉 角金2銀桂香歩 15手 詰パラ 1963. 4 p64 11c  
040    1963. 7 近代将棋   岸本雅美 22玉 角2金桂3香 27手 近将  1963. 9 p133 22c  
041    1963. 9 詰パラ *** 19玉 飛金銀4香3 19手 詰パラ 1963. 9 p14 19b ***田中至、橋本守正 田中至が「偶然の一致」の中で橋本守正と同時期創作と紹介
042    1963.10 近代キンダイ将棋ショウギ 柏川悦夫 12玉 角2金2桂歩2 17手 近将  1963.12 p135 12b  
043    1963.10 詰パラ 菅野篤 52玉 飛2角2歩4 21手 ×余詰 詰パラ 1964. 1 p50 52(2) No.52により余詰
044    1963.11 詰パラ 秩父金之助 11玉 飛2銀桂 15手 ×不詰 詰パラ 1963.11 p 4 11(2) コラムのナカヘンチョウサクとして発表ハッピョウ  詰指摘(近将1958.2)
045    1964. 3 詰パラ 橋本守正 99玉 角2金3銀2歩 27手 詰パラ 1964. 5 p87 19d  
046    1964. 7 近代キンダイ将棋ショウギ 金太郎 51玉 飛2角香歩5 41手 ×余詰 近将  1964. 7 p102 51(2) 金太郎作のコント「五兵爺さん」の中で五兵作として発表 余詰指摘(近将1958.2)
047  トチュウ 1964. 7 近代キンダイ将棋ショウギ 金太郎 52玉 飛2角香歩4 39手 ×余詰 近将  1964. 7 p102   金太郎作のコント「五兵爺さん」の中で五兵作として発表 途中裸玉(No.46の2手目で本図) 余詰指摘(近将1958.2)
048    1964.10 近代キンダイ将棋ショウギ *** 82玉 角2金3銀 15手 ×余詰 近将  1964.10 p107 22(3) ***安達栄司・岩木錦太郎 No.18のd4→d3銀 岩木錦太郎が読者会議に安達栄司作No.18の修正図(左右逆)として合作名で発表
049    1964.11 王将オウショウ天狗テング 岸本雅美 22玉 角2金2香歩 15手 天狗テング   1965. 1 p17 22a No.40のd桂3→d2j 余詰ヨヅメ指摘シテキ(王将天狗1965.3)→作者サクシャミトめる(王将天狗1965.5)→指摘シテキ完全カンゼン(ツメパラ2000.11)
050    1965. 9 近代キンダイ将棋ショウギ 岩木錦太郎 13玉 飛金3桂2 21手 ×変長 近将  1965.11 p118 13(1)  
051    1965. 9 近代キンダイ将棋ショウギ *** 87玉 金3銀4桂香 21手 近将  1965.11 p118 27d ***福田桂士・岩木錦太郎
052    1965. 9 近代キンダイ将棋ショウギ 阿部冷二 52玉 飛2角2 41手 ×余詰 近将  1965.11 p119 52(1) No.43の歩4なし シュウ3からの余詰ヨヅメはキズとみてよい(近将キンショウ1982.12 趣向シュコウ詰将棋ツメ名作選メイサクセン1980.8)→終5手目から余詰(パラ1981.6) 
053    1965.12 詰パラ 安達康二 18玉 飛角金2銀3 17手 ×余詰 詰パラ 1965.12 p17 18(1) 広場に発表 余詰ヨヅメ指摘シテキ(近将キンショウ1958.2)
054    1965.12 詰パラ 菅野篤 39玉 飛2角金2 31手 ×余詰 詰パラ 1966. 3 p28 39(1)  
055    1966. 4 近代将棋   不明 21玉 飛2角2 19 ×余詰 なし 21(1) 「詰むや詰ざるや?」として紹介  萩本哲夫21解(詰パラ67.4)→情報ジョウホウ(75.2「裸玉総まくり」)→余詰指摘(おもちゃ箱00.7)
056  1966. 4 近代将棋   不明 22玉 飛角2f 15 ×余詰 なし   「詰むや詰ざるや?」として紹介  途中裸玉(No.55の4手目で本図) 
057    1966. 6 詰パラ 岩木錦太郎 95玉 飛2金銀2桂 19手 ×余詰 詰パラ 1966.10 p45 15(1)  
058    1966. 6 詰パラ 秩父金太郎 41玉 飛角金3歩 21手 ×余詰 詰パラ 1966. 8 p47 41(2)  
059    1966. 7 詰パラ 花沢正純 13玉 角金2銀2桂香 27手 詰パラ 1966.11 p54 13c No.15の12玉→13玉,持駒香プラス
060    1966. 7 詰パラ *** 11玉 飛2角2 23手 ×余詰 詰パラ 1966.11 p57 11(1) ***黒坂隆身、田辺国夫 No.27の正式セイシキ出題
061    1966.10 詰パラ 長谷与民 22玉 角2金2香歩 15手 詰パラ 1966.12 p60 22a No.49と同図 作者名「興民」の誤植?(興民→與民→与民) 結果ケッカ発表時余詰とされたが誤指摘
062    1966.11 詰パラ 菅野篤 21玉 角2金2桂2歩3 25手 ×余詰 詰パラ 1967. 2 p13 21(7) No.79により余詰
063    1967. 2 詰パラ 福田稔 52玉 飛2角桂2 27手 ×余詰 なし 52(4) 読者サロンに発表 No.35の修正図
064    1969. 7 ** 不明 11玉 角2金桂香歩 23手 ×余詰 **             p63 11(8) **不思議な詰将棋第3部-35番
065    1969. 7 ** 山田道美 12玉 飛2金 11手 ×余詰 **             p14 12(2) **現代将棋の急所 No.1の62玉→12玉 余詰指摘(詰パラ2000.11)
066    1969. 7 ** 市川敏夫 55玉 飛2角2桂 29手 ×駒余コマアマ なし 55(1) **現代将棋の急所 山田道美が「未完だが、かならず詰むという」と紹介  コマアマり指摘(詰パラ2000.11)
067    1970. 1 詰パラ 大村光良 17玉 飛金3銀2香 31手 ×余詰 詰パラ 1970. 1 p 2 17(2) 「新春雑感」の中で発表 余詰指摘(詰パラ2000.11)
068    1970. 2 近代キンダイ将棋ショウギ 竪山道助 37玉 金4銀4桂歩 19手 ×余詰 近将  1970. 3 p119 37(1)  
069    1970. 8 詰パラ 菅谷正義 11玉 飛角金2歩 21手 ×余詰 詰パラ 1970.10 p62 11(4) 柏川悦夫作玉方44歩のある同作意作品サクヒン(ツメパラ1965.3)あり−結果ケッカ発表時ハッピョウジ44j必要性ヒツヨウセイについて話題ワダイ 余詰指摘(ツメパラ1975.2) 
070    1970.10 詰パラ 新田道雄 12玉 角2金2桂歩2 17手 詰パラ 1970.12 p69 12b No.42と同図
071    1971. 2 詰パラ 新田道雄 22玉 角2金銀香歩 15手 詰パラ 1971. 2 p23 22b No.49の金2→金銀 出題図の持駒に桂あるは誤植
072  1971. 4 詰パラ 歩棋元 21玉 飛2金桂 31手 詰パラ 1971. 4 p51 21a 途中裸玉(原図飛角図式8手目で本図) No.8の歩→桂 No.26の2段ずらし
073    1972. 4 ** 不明 11玉 角金4桂   ×余詰   11(12) **関西詰ショウ棋ファングループ会報カイホウ No.99により余詰
074    1972. 9 詰パラ 新田道雄 21玉 飛角金銀桂 21手 ×余詰 詰パラ 1973. 3 p35 21(4) No.38の金2→金銀桂
075    1972. 9 詰パラ 新田道雄 51玉 飛2角銀香 25手 ×余詰 詰パラ 1973. 3 p35 51(1) No.46の歩5→銀 結果発表時「52玉/飛2角銀歩(本図ホンズ4)もつぶれ」と
076    1972. 9 詰パラ 新田道雄 12玉 飛角金桂歩2 23手 ×余詰 詰パラ 1973. 3 p35 12(3) 余詰指摘(詰パラ1973.6)
077    1973. 9 詰パラ 新田道雄 11玉 飛金銀2桂2歩 27手 ×余詰 なし 11(13) ハダカq」の中でただ今投稿中と発表ハッピョウ→その後発表なし 作者サクシャによるリャクカイと余詰情報ジョウホウ(詰パラ1974.7)
078    1974. 1 詰パラ 橋本守正 22玉 角2金4 15手 ×余詰 詰パラ 1974. 3 p65 22(2) No.18と同図
079    1974. 4 詰パラ 浜辺義明 21玉 角2金2桂2 19手 詰パラ 1974. 6 p69 21(6) No.62の歩3なし 
080    1974. 7 詰パラ 新田道雄 51玉 飛2金桂歩 21手 ×余詰 詰パラ 1974. 7 p24 51(3) 「裸玉 2」の中で浜辺義明の研究で詰んだと発表ハッピョウ→余詰指摘(詰パラ2000.11) 初出ショシュツ:「裸玉」の中で研究中と発表(詰パラ1973.9) 
081    1975. 2 詰パラ 新田道雄 15玉 飛2銀3桂香歩 23手 ×余詰 なし 15(2) 21手目より詰手順多いため参考作品として発表 13より余詰ヨヅメ(ツメパラ2000.11)
082    1975. 2 詰パラ 新田道雄 13玉 角金3桂 15手 詰パラ 1975. 6 p38 13(4) 新田道雄「山本善章が先に詰パラに投稿したが、変長で返送されたとのこと」
083    1975. 2 詰パラ 新田道雄 13玉 角金3銀3 23手 詰パラ 1975. 6 p38 13b No.82のgf3 
084    1975. 2 詰パラ 新田道雄 14玉 角2金4桂 25手 ×余詰 詰パラ 1975. 6 p39 14(4) 余詰指摘(詰パラ1987.12)
085    1975. 2 詰パラ 新田道雄 14玉 飛金3銀桂2歩3 33手 ×余詰 詰パラ 1975. 6 p40 14(3)  
086    1975. 5 詰パラ 三木宗太 13玉 飛金2銀桂 17手 ×変長 詰パラ 1975. 5 p29 13(2) No.16と同図(ベツ作意サクイ)  読者サロンに余詰作として発表
087    1975.11 詰パラ 川口泰英 93玉 飛金銀2桂3歩 17手 ×余詰 詰パラ 1976. 2 p77 13(3)  
088  1977. 2 詰パラ 北川明 15玉 飛金2銀3桂 17手 詰パラ 1977. 6 p33 15a 途中裸玉(原図4手目で本図) 
089    1978. 5 詰パラ 山本善章 41玉 飛角金銀3歩2 23手 ×余詰 詰パラ 1978. 9 p85 41(3) No.58の金3歩→金銀3歩2
090    1978.10 詰パラ 塚本勝男 42玉 飛2銀桂香2歩 27手 ×余詰 詰パラ 1979. 1 p81 42(3)  
091    1979. 1 詰パラ 三輪勝明 42玉 飛2銀桂香2 29手 ×余詰 なし 42(2) No.90の余詰指摘と同時に修正シュウセイとして発表ハッピョウ 余詰指摘(詰パラ2000.2)
092    1979. 3 詰研会報 森敏宏 51玉 飛角2金2 23手 ×余詰 詰研  1979. 4 p 2 51(6) No.13の角金3g→角2金2
093    1979. 4 詰研会報 原敏彦 15玉 飛角金3桂歩2 17手 ×余詰 詰研  1979. 5 p 2 15(4)  
094    1979. 4 詰研会報 原敏彦 19玉 飛角2銀2香2 17手 詰研  1979. 5 p 2 19a No.37と同図(左右逆)
095    1979. 4 詰研会報 原敏彦 18玉 角金4銀4歩5 35手 ×余詰 詰研  1979. 5 p 2 18(8) 有吉弘敏「角金4銀3歩で不完全(だがむ)」(詰将棋の詩1983.3)
096    1979. 4 詰研会報 原敏彦 28玉 飛角2金銀 29手 ×不詰 詰研  1979. 5 p 2 28(1) 指摘シテキ(  )
097  1979. 4 詰研会報 原敏彦 28玉 飛2金銀桂 21手 ×不詰 詰研  1979. 5 p 2   途中裸玉(No.96の8手目で本図)
098    1979.11 詰パラ 新藤孝敏 16玉 飛金4桂香 13手 ×余詰 詰パラ 1980. 2 p63 16(3)  
099  トチュウ 1980. 3 詰将棋の詩 服部敦 11玉 角金3桂  9手 シイカ     1980. 5 p 3 11(10) 途中裸玉(原図6手目で本図) No.73の金4→金3 No.115で小沢正広が公式発表 
100    1981.11 近代将棋   小沢正広 22玉 角金2銀3歩4 33手 近将  1981.12 p155 22e  
101    1982. 1 詰パラ 藤本和 27玉 金4銀3桂 17手 詰パラ 1982. 3 p84 27c No.51の金3銀4香→金4銀3(左右逆) 
102    1982. 1 詰パラ 小沢正広 41玉 飛2銀香3 33手 ×余詰 詰パラ 1982. 1 p41 41(1) 読者サロンに発表  No.91に4手プラス 余詰指摘(詰パラ2000.8)
103    1982. 2 詰パラ 小沢正広 16玉 飛金4銀2 27手 ×余詰 詰パラ 1982. 5 p32 16(2) No.98の桂香→銀2
104    1982. 4 詰研会報 有吉弘敏 11玉 角2銀桂4香2 35手 ×余詰 なし 11(14) 角2銀桂3香2で詰あり(  )
105    1982. 4 詰研会報 利波偉 21玉 飛金3桂香歩 17手 ×余詰 なし 21(9) 余詰指摘(詰研会報1982.5)
106    1982. 4 詰研会報 護堂浩之 31玉 角金2銀4歩 23手 ×余詰 なし 31(4) 余詰指摘(詰研会報カイホウ1982.5) No.111で公式発表
107    1982. 8 詰研会報 小沢正広 11玉 角2銀2桂香歩 33手 ×余詰 詰研   1982. 9 p 2 11(9) No.116で公式発表  有吉弘敏「1978〜79ころ詰パラに投稿したが不完全として返送された」(詰将棋の詩1983.3)
108    1982. 8* 徳島トクシマ新聞シンブン 小沢正広 11玉 角金3桂  9手 徳島トクシマ  1982.8.31 11(10) *1982.8.30  No.99と同図(ベツ作意サクイ)
109    1982.10 詰パラ 小沢正広 16玉 飛角金2銀桂 17手 ×不詰 詰パラ 1982.12 p86 16(1)  
110    1982.11 詰パラ 小沢正広 41玉 飛角金銀香3歩 27手 ×余詰 詰パラ 1983. 1 p69 41(4) No.89の銀3歩2→銀香3歩 
111    1982.11 近代キンダイ将棋ショウギ 護堂浩之 31玉 角金2銀4歩 23手 ×余詰 近将  1982.12 p152 31(4) 初出:No.106(この結果ケッカ発表時ハッピョウジ作者サクシャ余詰ヨヅメとしているので近将キンショウ出題シュツダイナンらかの手違テチガいか) 余詰ヨヅメ指摘シテキ(近代キンダイ将棋ショウギ1983.1)
112    1982.11 近代将棋   竪山道助 13玉 角金3銀3 23手 近将  1982.12 p154 13b No.83と同図
113    1982.12 詰パラ 原田清実 19玉 飛2金3銀2 13手 ×余詰 なし 19(2) 読者サロンに発表 3手目17飛だと歩余る(作意不明)
114    1983. 2 詰パラ 小沢正広 11玉 角金4歩2 23手 なし 11b 図発表ではなく「裸玉1一玉全局リスト」の中で準完全作かと 「裸玉総まくり」(詰パラ1975.2)の不完全作(未発表)リストにある
115    1983. 2 詰パラ 服部敦 11玉 角金3桂  9手 なし 11(10) 初出:No.99 小沢正広が「裸玉あれこれ」のナカ紹介ショウカイ
116    1983. 2 詰パラ 小沢正広 11玉 角2銀2桂香歩 33手 ×余詰 なし 11(9) 初出:No.107  「裸玉あれこれ」のナカハツ 
117    1983. 2 詰研会報 *** 31玉 角金3銀2歩4 33手 ×余詰 なし 31(5) ***護堂浩之・花沢正純(出題時護堂単独タンドク結果ケッカ発表時合作と)   余詰指摘(おもちゃ箱2002.2)  
118    1983. 3 詰研会報 竪山道助 12玉 角金4銀 23手 ×余詰 詰研   1983. 4 p 3 12(4)  
119    1983. 3 詰研会報 小沢正広 15玉 金3銀4桂3香2歩 37手 ×余詰 詰研   1983. 4 p 3 15(5)  
120  1983. 3 詰研会報 小沢正広 16玉 金3銀3桂3香2歩 35手 ×余詰 詰研   1983. 4 p 3   途中裸玉(No.119の2手目で本図)
121    1983. 4 近代将棋   *** 33玉 飛金4銀桂2 33手 ×余詰 近将  1983. 5 p153 33(1) ***花沢正純・護堂浩之
122    1983. 4 詰パラ *** 31玉 角金4銀歩4 33手 ×余詰 詰パラ 1983. 7 p51 31(3) ***花沢正純・護堂浩之 No.117の金3銀2→金4銀(No.117と同作意)
123    1983. 4 詰研会報 小沢正広 27玉 角金3銀2桂 19手 ×余詰 詰研   1983. 5 p 2 27(1) No.143で公式発表
124    1983. 5 詰研会報 小沢正広 17玉 金3銀3桂 13手 詰研   1983. 6 p 2 17a No.142で公式発表 
125    1983. 5 詰研会報 小沢正広 17玉 角金2銀2桂2歩 21手 詰研   1983. 6 p 2 17d 作意(25手)誤設定で変別解 No.206で伊藤和雄が21手完全作として公式発表 
126    1983. 8 詰パラ 小沢正広 14玉 飛2角金銀 17手 ×余詰 詰パラ 1983.11 p59 14(1)  
127    1984. 1 詰研会報 小沢正広 21玉 角金3銀桂歩 23手 ×余詰 なし 21(8) No.136で公式発表 「裸玉総まくり」(詰パラ1975.2)の不完全作(未発表)リストにある
128    1984. 4 近代将棋   小田聡二 17玉 飛金4銀歩 31手 ×余詰 近将  1984. 5 p157 17(1) No.67のd3f2香→d4銀j 「裸玉総まくり」(詰パラ1975.2)の不完全作(未発表)リストにある
129    1984. 6 詰棋めいと 竹中タケナカ健一ケンイチ 51q sdfg 21手 ×余詰ヨヅメ なし 51(5) No.4と同図ドウズ シン発表ハッピョウではなくNo.4,20との偶然グウゼン一致イッチ記事キジ
130    1984. 8 詰研会報 岡村孝雄 31玉 角2金銀2香歩 17手 詰研  1984. 9 p 2 31b No.160で公式発表 No.71に2手プラス
131    1984. 8 詰研会報 岡村孝雄 23玉 角2金2銀桂歩 21手 ×余詰 詰研  1984. 9 p 2 23(2) No.17に歩プラス
132    1984. 8 詰研会報 岡村孝雄 34玉 飛2角金銀 17手 ×余詰 なし 34(1) No.126の修正案としてつめけんぷらざに発表ハッピョウ 余詰ヨヅメ指摘シテキ(詰研ツメケン会報カイホウ1984.9)
133    1984. 9 詰研会報 山下雅博 17玉 金4銀2桂 13手 ×余詰 詰研  1984.10 p 3 17(4) No.124の金3銀3→金4銀2 小沢オザワ正広マサヒロがNo.124の結果ケッカ発表時にこの図に触れキズ(変同・非限定)がひどくなると
134    1984.11 近代将棋   小沢正広 31玉 飛2銀桂歩4 47手 近将  1984.12 p157 31a  
135    1984.11 詰パラ 佐藤達也 22玉 角2金4 15手 ×余詰 詰パラ 1984.11 p63 22(2) No.18と同図 完全/不完全,新作シンサク/キゾン発表ハッピョウサクを問う形で発表→既発表と余詰指摘(詰パラ1985.2)
136    1985. 2 詰パラ 小沢正広 21玉 角金3銀桂歩 23手 ×余詰 詰パラ 1985. 5 p83 21(8) 初出:No.127
137    1985. 2 詰パラ 松尾弥昇 41玉 飛角金銀香2歩2   不詰フヅメ なし 41(5) No.110の修正案として読者サロンに発表ハッピョウ
138    1985. 5 詰研会報 小沢正広 32玉 飛角2金香 23手 詰研   1985. 6 p 2 32(1) No.144で公式発表 13手目からNo.19の9手目からと同手順(左右逆、一列ずれ)
139    1985. 7 詰パラ 渡辺文雄 99玉 飛2角金2 15手 ×余詰 詰パラ 1985. 9 p72 19(3) No.9と同図
140    1985.10 詰研会報 新田道雄 17玉 飛金4桂2歩3 33手 ×余詰 詰研   1985.11 p 4 17(5) No.128のfjg2j3
141    1985.11 詰研会報 小沢正広 17玉 飛金4桂3歩 31手 ×余詰 詰研   1985.11 p 4 17(6) No.140の結果発表時に修正案として発表  余詰指摘(おもちゃバコ)
142    1986. 2 詰パラ 小沢正広 17玉 金3銀3桂 13手 詰パラ 1986. 6 p54 17a 初出:No.124
143    1986. 2 詰パラ 小沢正広 27玉 角金3銀2桂 19手 ×余詰 詰パラ 1986. 6 p55 27(1) 初出:No.123
144    1986. 2 詰パラ 小沢正広 32玉 飛角2金香 23手 詰パラ 1986. 6 p55 32(1) 初出:No.138
145    1986. 2 詰パラ 小沢正広 21玉 角金3桂香歩 31手 詰パラ 1986. 6 p56 21d No.136の銀→香
146    1986. 4 詰棋めいと 新田道雄 37玉 金4銀3桂3歩3 27手 ×余詰 めいと 1986.10 p90 37(2) 金4銀3桂3歩2で詰あり(詰パラ1988.9「七段目小駒裸玉全局リスト」)
147    1986. 4 詰棋めいと 新田道雄 22玉 飛金銀4桂2歩2 31手 ×余詰 めいと 1986.10 p90 22(1)  
148    1986. 8 詰パラ 山腰雅人 11玉 角金2銀2香 17手 ×余詰 詰パラ 1986. 8 p43 11(11) 読者サロンに発表  No.39の銀桂歩→銀2 余詰指摘シテキ(詰パラ2000.11) 
149    1986. 8 詰パラ 山腰雅人 16玉 金4銀2桂2香 17手 ×余詰 詰パラ 1986. 8 p43 16(4) 読者サロンに発表 余詰指摘シテキ(詰パラ2000.11)
150    1986. 8 詰パラ 山腰雅人 12玉 飛角金桂歩2 23手 ×余詰 詰パラ 1986. 8 p43 12(3) 読者サロンに発表 No.76と同図
151    1986. 9 詰パラ 小沢正広 31玉 飛金2銀桂2歩2 31手 ×余詰 詰パラ 1986. 9 p28 31(6) 読者サロンに発表 余詰指摘(詰パラ2000.11)
152    1986. 9 詰研会報 小沢正広 21玉 角2金4 27手 ×余詰 詰研   1986. 9 p11 21(10) 完全/不完全を問う形で発表 余詰指摘(おもちゃ箱2002.2)
153    1986. 9 詰研会報 小沢正広 21玉 角金4銀2 25手 ×余詰 詰研   1986. 9 p11 21(11) 「No.152とほぼ同手順」 余詰指摘(おもちゃ箱2002.2)
154    1986. 9 詰研会報 小沢正広 21玉 角金3銀3 25手 ×余詰 詰研   1986. 9 p11 21(12) No.153の金4銀2→金3銀3 「No.152とほぼ同手順」 余詰指摘(おもちゃ箱2002.2)
155    1987. 5 詰パラ 小沢正広 21玉 飛金3桂歩8 45手 ×余詰 詰パラ 1987. 8 p35 21(5) No.105の香歩→歩8
156    1987.11 詰棋めいと 坂東仁市 18玉 金4銀4桂歩 19手 ×余詰 めいと 1987.11 p43 18(5) めいとぴあに発表「No.146解図中に発見」 No.165により余詰
157  1987.11 詰棋めいと 坂東仁市 27玉 金4銀3桂歩 17手 ×余詰 めいと 1987.11 p43   めいとぴあに発表「No.146解図中に発見」 途中裸玉(No.156の2手目で本図) No.101により余詰
158    1987.12 詰パラ 小沢正広 19玉 角2金3銀2桂 23手 詰パラ 1987.12 p31 19c 読者サロンに発表 No.45の歩→桂(左右サユウギャク,手順もほぼ同じ)
159    1988. 3 詰パラ 小沢正広 37玉 金3銀4桂香4 29手 ×余詰 詰パラ 1988. 6 p73 37(4) 余詰指摘(おもちゃ箱2004.5)
160    1988. 4 詰パラ 岡村孝雄 31玉 角2金銀2香歩 17手 詰パラ 1988. 7 p56 31b 初出:No.130 No.71に2手プラス
161    1988. 5 詰パラ 車田康明 55玉 飛2角2桂 27手 ×余詰 なし 55(1) No.66と同図(ベツ作意サクイ) 図発表ではなく個展の結果発表の中で非裸玉作品の原案として発表ハッピョウ作意サクイ発表ハッピョウ(詰研ツメケン会報カイホウ1989.2)
162    1988. 5 詰パラ 小沢正広 56玉 金4銀4桂香 31手 ×余詰 詰パラ 1988. 7 p90 56(1)  
163  1988. 5 詰パラ 小沢正広 57玉 金4銀3桂香 29手 ×余詰 詰パラ 1988. 7 p90 57(1) 途中裸玉(No.162の2手目で本図)
164    1988. 6 詰パラ 小沢正広 37玉 金3銀4桂香3歩2 27手 ×余詰 なし 37(3) No.159の結果発表時No.159の香4→香3歩2でも成立と 余詰指摘(ツメパラ2000.11) 
165    1988. 9 詰パラ 小沢正広 18玉 金4銀4桂 19手 なし 18e No.101に2手プラス 図発表ではなく「七段目小駒裸玉全局リスト」のNo.101のナカで「〜も成立セイリツ」として
166    1988. 9 詰パラ 小沢正広 26玉 金4銀4桂 19手 なし 26a No.101に2手プラス 図発表ではなく「七段目小駒裸玉全局リスト」のNo.101のナカで「〜も成立セイリツ」として
167    1988. 9 詰パラ 小沢正広 17玉 金2銀4桂香歩 19手 なし 17c No.31の香2→香歩 図発表ではなく「七段目小駒裸玉全局リスト」のナカでNo.31のルイサクとして
168    1988. 9 詰棋めいと 真鍋浩 18玉 金4銀4桂 19手 なし 18e No.165と同図  図発表ではなくNo.156の歩不要の指摘「変同が多くて不完全に近い」
169    1989. 1 詰研会報 駒場和男 55玉 飛2角2桂   ×余詰 なし 55(1) No.66と同図 No.161の車田康明が作意27手余詰作と指摘(詰研会報1989.2)
170    1989. 6 ** 新田道雄 29玉 飛2金銀2香4 27手 ×余詰 **     1989. 8 p 3 29(2) **詰恋会会報  No.171で公式発表 13手目よりNo.41の5手目からと同手順
171    1990. 3 詰棋めいと 新田道雄 29玉 飛2金銀2香4 27手 ×余詰 めいと 1990.11 p128 29(2) 初出:No.170
172    1990. 6 詰パラ 山腰雅人 21玉 角金2銀3香 35手 ×余詰 詰パラ 1990. 6 p63 21(13) No.154の金3→金2香 読者サロンに「キズ多い故参考図が適当」と発表 余詰指摘(おもちゃ箱2002.2) 
173    1990. 8 詰パラ 山腰雅人 15玉 飛2金3香歩2 23手 ×余詰 詰パラ 1990. 8 p43 15(6) 読者サロンに発表 余詰指摘(おもちゃ箱2002.2)   
174    1990. 8 詰パラ 山腰雅人 14玉 飛2金銀2桂 25手 ×余詰 詰パラ 1990. 8 p43 14(5) 読者サロンに発表  No.57の一段ずらし(左右逆) 余詰指摘(おもちゃ箱2002.2)  
175    1990. 9 詰パラ 山腰雅人 16玉 飛2金4 27手 ×余詰 詰パラ 1990. 9 p63 16(5) 読者サロンに発表  No.103の飛銀2→飛2 余詰指摘(おもちゃ箱2002.2) 
176    1997.10 GPW'97 小山謙二 18玉 金4銀4桂 19手   18e **GPW(Game Programming Workshop) No.165と同図
177    1997.10 GPW'97 小山謙二 18玉 角2金3銀3歩 29手 ×余詰   18(4) **GPW(Game Programming Workshop)  No.45に2手プラス(左右逆) No.184で公式コウシキ発表 余詰指摘(詰パラ2000.11)
178    1998. 3 ユメハナ 山田修司 12玉 飛2銀桂 21手 ユメハナ        p104 12a No.12と同図 No.11の修正図としてセイ式発表
179    1998.11 ツメパラ 牧野マキノ隆一リュウイチ 13q 飛角アsdghj 21 詰パラ 1999. 2 p67 13a 題名ダイメイ大河タイガ
180    1998.11 詰パラ 濱田博 15玉 飛金2銀桂3香 21手 ×不詰 詰パラ 1999. 2 p68 15(3)  
181    1999. 1 詰研会報カイホウ 鈴木芳己 11玉 角2金3銀2歩   ×余詰 なし 11(15) 角2金3銀でも角2金3jでも詰あり(ツメパラ1983.3「ハダカq1q全局ゼンキョクリスト」)
182    1999. 1 詰研会報 鈴木芳己 14玉 飛2角金銀2香   ×余詰 なし 14(6) No.126により余詰ヨヅメ
183    1999. 6 将棋世界 坂田真保 82玉 角2金銀香歩 15手 世界  1999. 7 p188 22b No.71と同図(左右逆)
184    1999. 7 将棋世界 小山謙二 18玉 角2金3銀3歩 29手 ×余詰 なし 18(4) 初出:No.177 図発表ではなくコンピューターを使って創作という記事
185    1999. 9 ** 小山謙二 18玉 角金2銀4桂香 31手 **             p72 18d **コンピュータ将棋協会誌Vol.12 No.198で公式発表
186  トチュウ 1999. 9 ** 小山謙二 27玉 角金2銀3桂香 29手 **             p72 27b **コンピュータ将棋協会誌Vol.12 途中裸玉(No.185の2手目で本図) No.199で公式コウシキ発表
187    1999. 9 ** 小山謙二 18玉 角金2銀4桂2歩2 37手 ×余詰 **             p72 18(9) **コンピュータ将棋協会誌Vol.12 No.185の桂香→桂2歩2  余詰ヨヅメ情報ジョウホウ(コンピュータ将棋の進歩3 2000.5)
188  1999. 9 ** 小山謙二 27玉 角金2銀3桂2歩2 35手 ×余詰 **             p72   **コンピュータ将棋協会誌Vol.12 途中裸玉(No.187の2手目で本図)  余詰情報(コンピュータ将棋の進歩3 2000.5)
189    1999.11 詰パラ 増田直樹 22玉 角金2銀2桂2 23手 詰パラ 2000. 3 p98 22(4) No.100の銀3j4→f2g2
190    2000. 5 ** 小山謙二 18玉 角2金銀4桂3歩 35手 **            p104 18c **コンピュ−タ将棋の進歩3  No.200で公式発表 
191  2000. 5 ** 小山謙二 27玉 角2金銀3桂3歩 33手 **            p104 27a **コンピュ−タ将棋の進歩3  途中裸玉(No.190の2手目で本図)  No.201で公式発表 
192    2000. 5 ** 小山謙二 18玉 飛角2銀3香2 19手 ×余詰 **            p106 18(7) **コンピュ−タ将棋の進歩3 No.37に2手プラス(左右逆) 余詰指摘(おもちゃ箱2002.1)
193    2000. 5 ** 小山謙二 18玉 飛金3銀2香3 27手 ×余詰 **            p107 18(2) **コンピュ−タ将棋の進歩3  余詰指摘(おもちゃ箱2002.1)
194    2000. 5 ** 小山謙二 18玉 飛金2銀3香3 27手 ×余詰 **            p108 18(3) **コンピュ−タ将棋の進歩3  No.193の金3銀2→金2銀3(手順も3手目金銀の違いだけ) 余詰指摘(おもちゃ箱2002.1)
195    2000. 6 詰パラ 増田直樹 22玉 角金2銀3桂 23手 詰パラ 2000. 6 p46 22d No.100の歩4→桂 No.189の銀2桂2→銀3桂
196    2000. 6 詰パラ 増田直樹 18玉 飛角金銀4 23手 詰パラ 2000. 6 p46 18b No.53の金2銀3→金銀4 「コンピュ−タ将棋の進歩3(2000.5)によると3から余詰ヨヅメだが手順テジュン不明フメイ」(おもちゃバコ)
197  2000. 6 詰パラ 増田直樹 19玉 飛角金銀3 21手 詰パラ 2000. 6 p46   途中裸玉(No.196の2手目で本図)
198    2000. 6 詰パラ 小山謙二 18玉 角金2銀4桂香 31手 詰パラ 2000. 6 p46 18d 初出:No.185
199  2000. 6 詰パラ 小山謙二 27玉 角金2銀3桂香 29手 詰パラ 2000. 6 p46 27b 途中裸玉(No.198の2手目で本図) 初出:No.186
200    2000. 6 詰パラ 小山謙二 18玉 角2金銀4桂3歩 35手 詰パラ 2000. 6 p46 18c 初出:No.190
201  2000. 6 詰パラ 小山謙二 27玉 角2金銀3桂3歩 33手 詰パラ 2000. 6 p46 27a 途中裸玉(No.200の2手目で本図)  初出:No.191
202    2000. 8 詰パラ 加藤徹 11玉 角金銀4桂3歩2 35手 詰パラ 2000.11 p77 11e  
203    2000.10 詰パラ 広瀬一夫 27玉 角2金3桂歩5 31手 ×余詰 詰パラ 2000.10 p45 27(2) 読者サロンに発表 余詰指摘(詰パラ2000.11)
204    2000.11 詰パラ 高木秀夫 39玉 角2金4銀2 25手 詰パラ 2001. 2 p71 39a  
205    2000.11 詰パラ 加藤徹 11玉 角金銀4桂4歩 35手 なし 11d No.202の桂3歩2→桂4歩 図発表ではなく「ハダカq検証ケンショウ まだあった1一玉」の中で
206    2001. 3 詰パラ 伊藤和雄 17玉 角金2銀2桂2歩 21手 詰パラ 2001. 6 p63 17d No.125と同図 
207    2001. 5 詰棋めいと 北村憲一 62玉 飛金4銀3 17手 ×駒余 めいと 2001. 5 p67 42(4) ハダカQ作品サクヒン発表ハッピョウではなく、No.3の原図の初手よりの余詰順4に現れる途中裸玉がむ(駒余コマアマり)という発表
208    2001.11 詰パラ 岡村孝雄 11玉 角2銀3桂歩5 33手 詰パラ 2001.12 p76 11f  
209    2001.11 詰パラ 岡村孝雄 19玉 角2金2銀3桂2歩 25手 詰パラ 2001.12 p76 19e No.125に4手プラス
210  2001.11 詰パラ 岡村孝雄 28玉 角2金2銀2桂2歩 23手 詰パラ 2001.12 p76   途中裸玉(No.209の2手目で本図)=No.125に2手プラス
211    2001.11 詰パラ 岡村孝雄 18玉 飛角2銀2桂香 39手 ×余詰 詰パラ 2001.12 p77 18(6) No.192のf3香2→銀2gh
212  2001.11 詰パラ 岡村孝雄 27玉 飛角2銀桂香 37手 ×余詰 詰パラ 2001.12 p77   途中裸玉(No.211の2手目で本図)
213    2002. 2 ** 相馬康幸 14玉 角金3銀4 33手 ** 14a **詰将棋マニアックス
214    2002. 2 ** 相馬康幸 21玉 飛金2銀2香歩 23手 ×余詰 ** 21(14) **詰将棋マニアックス 余詰指摘(おもちゃ箱2003.11)
215    2002. 2 ** 塚本恵一ケイイチ 16玉 飛金4桂歩 15手 おもちゃ箱 16a **詰将棋マニアックス No.98の香→j 「裸玉総まくり」(詰パラ1975.2)の不完全作(未発表)リストにある
216    2002. 3 おもちゃ箱 桑田倫彦 19玉 角2金3銀2香 21手 おもちゃ箱 19f No.45のj→香(左右逆),No.158の桂→香
217    2002. 3 おもちゃ箱 岡村孝雄 18玉 角2金3銀2香2 23手 おもちゃ箱 18f No.216に2手プラス No.184のf3j→銀2h2 「コンピュ−タ将棋の進歩3」(2000.5)では余詰ヨヅメ誤報ゴホウ
218    2002.11 詰パラ 岡村孝雄 24玉 s2d2fgh 31手 詰パラ 2002.12 p94 24a 5でNo.59の1手になる
219    2002.11 詰パラ 岡村孝雄 42q sd2f4gj3 33手 詰パラ 2002.12 p94 42a  
220    2002.11 詰パラ 岡村孝雄 32q sd3f2j9 41手 詰パラ 2002.12 p95 32a  
221    2002.11 詰パラ 岡村孝雄 18q sd3f2g4hj5 45手 詰パラ 2002.12 p96 18g  
222  2002.11 詰パラ 岡村孝雄 27q sd3fg4hj5 43手 詰パラ 2002.12 p96   途中裸玉(No.221の2手目で本図)
223    2003. 2 おもちゃ箱 岡村孝雄 29q sd3f3g4hj5 47手 おもちゃ箱 2003. 5 29a No.221に2手プラス
224    2003. 3 近代将棋   平井ヒライ正敏マサトシ 31q d4H2 19手 ×余詰 近将キンショウ   2003. 4 p132 31(7) ハダカQサクヒン発表ハッピョウではなく、発表ハッピョウの44Gがないと余詰ヨヅメありという記事キジ
225    2003. 4 ** 相馬ソウマ康幸ヤスユキ 94q d4g2j3 23 ** 14b **詰将棋マニアックス
226    2003. 4 ** 相馬ソウマ康幸ヤスユキ 15q d2fg2h2 17 ** 15b **詰将棋マニアックス
227    2003. 4 ** 相馬ソウマ康幸ヤスユキ 15q d2fg2hj 17 ** 15b **詰将棋マニアックス No.226のH2→HJ
228    2003.11 詰パラ 岡村孝雄 42q sd4f2j9 55手 詰パラ 2004. 2 p85 42b 題名ダイメイ驚愕キョウガク曠野コウヤ
229    2003.11 詰パラ 村田ムラタトザンカメユウ 21q d2f2hj 23手 ×余詰 詰パラ 2003.11 p43 21(14) No.214と同図ドウズ
230    2003.11 詰パラ 岡村孝雄 38q d4f4ghj3 35手 詰パラ 2003.11 p43 38a  
231  2003.11 詰パラ 岡村孝雄 47q d4f3ghj3 33手 詰パラ 2003.11 p43   途中裸玉(No.230の2手目で本図)
232    2004. 4 詰パラ 岡村孝雄 51q sd4f2j9 59手 詰パラ 2004. 4 p36 51a 題名ダイメイ驚愕キョウガク曠野コウヤ」 No.228に4手プラス 「記録キロク挑戦チョウセン!−チョウ手数テスウ記録キロク」のナカ発表ハッピョウ
233    2005. 7 近代将棋   村尾ムラオマコト 11q df2g2j 27手 ×余詰 近将キンショウ   2005. 7 p120 11(13) No.77と同図ドウズ
234    2006. 6 ** 駒場コマバ和男カズオ 99q 飛角アsd2fh2j 31手 ×余詰ヨヅメ **          p340 19(4) **ゆめまぼろしヒャクバン91バン 題名ダイメイ楊貴妃ヨウキヒ」 余詰ヨヅメ指摘シテキ(おもちゃバコ2006.9)
235    2006. 9 詰パラ 伊藤イトウ和雄カズオ 26q s2d2f2g2j 23手 ×余詰ヨヅメ なし 26(1) 読者サロンに発表 No.206(=No.125)に2手プラス 余詰ヨヅメ指摘シテキ(詰パラ2006.10)
236    2008. 4 詰パラ 村井ムライ秀行ヒデユキ 41q df2g4 25手 詰パラ 2008. 4 p46 41a 読者サロンに発表
237    2010. 3 詰パラ モリノリ 19q s2d3f2h 21手 詰パラ 2010. 3 p42 19f 読者サロンに発表 No.216と同図ドウズ 「1998ネン以前イゼン棋友キユウ配布ハイフみ」衝突ショウトツサクとして発表ハッピョウ
238    2010. 4 詰パラ 村井ムライ秀行ヒデユキ 43q sd4f3g 35手 詰パラ 2010. 4 p50 43(2) 読者サロンに発表
239    2011. 4 詰パラ 村井ムライ秀行ヒデユキ 11q s2dg3j4 37手 詰パラ 2011. 4 p48 11g 読者サロンに発表
240  2013. 1 おもちゃバコ x 51q sd4f2j9 59手 おもちゃ箱 51a 途中裸玉(原図2手目で本図) 原図ゲンズはNo.232に2プラスしたで、掲示板ケイジバンに「角一色の最長記録」サクとして発表ハッピョウ
241    2013. 8 詰パラ 支天シテン 84q 2f4g2 29手 ×余詰 詰パラ 2013.11 p92 24(1)  
242    2013.11 ** hse98156 11玉 s金銀 17手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 No.2のd2→sd No.243により余詰ヨヅメ
243    2013.11 ** hse98156 91玉 s金銀 17手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 No.242と同図ドウズ(左右逆)でベツ手順テジュン?! No.242により余詰ヨヅメ
244    2013.11 ** hse98156 99玉 飛2s金2銀 15手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 No.9にfプラス
245    2013.11 ** hse98156 55玉 飛2s2金4銀4h4j 37手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 No.66のgd4f4h4j 
246  2013.11 ** hse98156 66玉 飛2s金4銀4h4j 35手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 途中裸玉(No.245の2手目で本図) 
247  2013.11 ** hse98156 77玉 飛2金4銀4h4j 33手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 途中裸玉(No.245の4手目で本図)
248    2013.12 ** hse98156 51玉 s金2銀g 15手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 No.18aのd3→d2f
249    2013.12 ** hse98156 59玉 飛2s2金4 23手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ
250    2013.12 ** hse98156 95玉 飛2s金銀g2 17手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 
251    2014. 8 ** hse98156 33玉 飛2s2金2銀2 21手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 No.255により余詰 
252    2014. 8 ** hse98156 37玉 飛2s2金2銀2 29手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 No.256により余詰 
253  2014. 8 ** hse98156 26玉 飛2s金2銀2 27手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 途中裸玉(No.252の2手目で本図) 
254  2014. 8 ** hse98156 17玉 飛2金2銀2 25手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 途中裸玉(No.252の4手目で本図) 
255    2014. 8 ** hse98156 73玉 飛2s2金2銀2 19手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 No.251と同図(左右逆)で別手順?! No.251により余詰 
256    2014. 8 ** hse98156 77玉 飛2s2金2銀2 19手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 No.252と同図(左右逆)で別手順?! No.252により余詰 
257  2014. 8 ** hse98156 88玉 飛2s金2銀2 17手 ×余詰 **   **ブログ「haru日記ニッキ」 途中裸玉(No.256の2手目で本図)
258  2014. 8 ** hse98156 99玉 飛2金2銀2 15手 × **   **ブログ「haru日記ニッキ」 途中裸玉(No.256の4手目で本図) No.113の金3→金2