詰将棋の散歩道 第60回

     [お見事! 岡田乾州波乱の人生]   磯田 征一


  国会図書館で古い棋書を見ていると、かなりの率で「岡田丈太郎 寄贈本」という朱印を押された本
 に出会う。岡田丈太郎が遺言によって父乾州の蔵書を寄贈したものである。
  岡田乾州は、明治維新前後の波乱の渦中で功成り名を遂げた後に、長年の夢だったであろう趣味の将
 棋に没頭する幸せな晩年を送った人物である。

 ◇岡田乾州の生涯
  乾州について、その生涯を記した『乾州岡田君行狀』という小冊子がある。没後まもなく追悼の意味
 でまとめられたもので、筆者は陸義猶、一般には号の陸羯南(くがかつなん)で知られる人物である。
 国民主義の政治評論家で、明治中期新聞界の巨峰[Wikipedia]であった。この大物が追悼記を書いてい
 ることで、岡田が社会的にどういう評価を受けていた人物か推察できる。
  岡田乾州は天保6年12月21日(1836年2月8日)、加賀藩士の長男として生まれた。名は正忠、
 通称雄次郎、後に棣と改名する。嘉永元年(1848)父の後をついで馬廻り役となる。
  嘉永6年(1853)のペリー来航など世情は慌ただしくなり、その中にあって加賀藩も大きく揺れ
 動いた。加賀藩は俗にいう加賀百万石の大大名で、徳川幕府において、外様大名ではあるが松平姓と葵
 紋を許されて準親藩の地位を与えられていた。明治維新に際しては、最初は元治元年(1864)と慶
 応元年(1865)の2次にわたる長州征伐に出兵するなど幕府側だったが、鳥羽伏見の戦の後、方針
 を翻して新政府軍に帰順した。
  この間、岡田は江戸で航海術を学び、長州征伐では操船で活躍、軍艦奉行となる。戊辰戦争の幕開き、
 鳥羽伏見の戦の起きた慶応4年(1868)に、岡田は33歳の働き盛りである。
  明治新政府でも軍事や立法関係の要職に就くが、その後藩に帰り、大参事(知事に次ぐ役職)となる。
 廃藩置県後は旧藩主前田公の家扶となり、また金沢の第十二国立銀行の設立に寄与する。明治15年に家
 扶を辞す。
  このころから号乾州を名乗る。加賀藩の真ん中にいた乾州は波乱をくぐり抜け、一線を退くと後半生
 の15年間を将棋に熱中したのである。全国各地から値段を問わず将棋書を集めて研究、校注を加えた。
 明治30年(1897)リューマチと肺がん8月17日東京本郷で没した。享年六十一。法号の寶樹院遊楽
 日棣居士が幸せな晩年を映している。
  墓所は本郷駒込の長元寺(日蓮宗)、加賀藩の江戸における菩提寺でもあり、上屋敷の跡に残る赤門
 から1キロほど離れて本郷通りに並ぶ形で所在する。こぢんまりした墓域に一基の墓碑と棣・丈太郎の
 名を刻んだ墓誌が見える。

 ◇周辺の人々
  乾州の縁者はなかなかに華やかである。長女は小木(こぎ)貞正に嫁いだ。陸羯南は小木の友人であ
 り、その縁で『乾州岡田君行狀』の執筆を頼まれたと書いている。小木はこの妻を亡くした後再婚し、
 その二人の孫が作家加賀乙彦である。次女は日本近代化学の基礎を築いたといわれる化学者櫻井錠二の
 夫人となった。三女の夫は今やクールジャパンの代表格となった「うま味」の発見者として知られる化
 学者池田菊苗である。少し遠いが小木の家系の縁者に詩人室生犀星がいる。

 ◇名前の読み
  ところで「乾州」はどう読むのだろうか。『乾州岡田君行狀』には読みは書かれていない。国会図書
 館が、所蔵している『乾州岡田君行狀』に付けた書誌情報には「けんしゅう」としてある。もうひとつ
 の読み方として、徳田寿秋著『海を渡ったサムライたち 加賀藩海外渡航者群像』には「かんしゅう」
 とある。
  「棣」の読みにも二通りの資料がある。『北國文華』平成15年秋号に連載「加賀の賢者-近代日本を
 支えた人々」の第1回「岡田棣 航海術学び金沢藩軍艦奉行に 明治初年に世界一周の大旅行」を書い
 た加賀乙彦は「なるつ」とルビを振っている。国会図書館蔵の乾州写本数冊の書誌情報、前記の徳田寿
 秋著なども「なるつ」である。一方、『池田菊苗博士追憶録』と、ウェブサイト「櫻井錠二」の岡田棣
 略歴には「なろう」とある。「なろう」は字の形が「なるつ」に似ているので、どこかで草書体を見
 誤ったのではないかと思われるが、念のため記しておく。「なるつ」にせよ、「なろう」にせよ、意味
 を想像できない変わった響きである。諸橋轍次著『大漢和辞典』には「テイ、ダイ」の音と、訓は「と
 ほる」だけで「なるつ、なろう」はない。
  「乾州」と「棣」、実際にどう呼ばれていたか、今となっては解明はむずかしい。当面「けんしゅう」
 「なるつ」と呼ぶとして、確かな新資料が出てくるまで確定はお預けである。

 *今回、岡田乾州の人物について記した。次回は乾州が遺した棋書について書く。




このページのトップへ

サイトのTOPページへ