資料いろいろ



 01 古棋書所蔵 図書館・文庫リスト  2009. 8. 2
 2016. 3. 4
 思い掛けない所に古棋書がある
 01a 古棋書所蔵図書館ベスト20  2011. 9. 9
 2015. 9. 4
 いかにもの所に混じって知られていない所も
 02 国立国会図書館所蔵 全詰将棋書リスト  2009. 8. 2
 2016. 9. 5
 最大の棋書所蔵図書館にはどんな本があるか
 03 国書総目録収載 棋書リスト  2009. 8.24  全国の古典籍を調べた国家的事業の成果 
 04 将棋関連史跡・施設  2009. 8. 2
 2016.10. 3
 お寺と駒形墓碑がたくさん
 05 節用集の詰将棋作品  2009. 8. 2
 2016.11. 2
 昔の百科事典に「詰将棋」の項がある
 06 月名の異称  2009. 8. 2  「林鐘念三」で月と日
 07 「將棋月報」記事索引  2009. 8.10
 2009. 9.17
 湯村光造氏から国会図書館寄贈に付して
 08 「詰棋めいと」記事索引  2009. 8.10  終刊号(特集・森田正司の世界)まで



01 古棋書所蔵 図書館・文庫リスト

古棋書の所蔵先を調べるに当たって、全国に散らばる図書館・文庫の現地に行くことには限界があるので、国書総目録・蔵書目録・インターネットなどを利用して情報を集めた。このリストは、調査の結果を整理すると共に、今後の調査の手掛かりとしてまとめたものである。

「古棋書所蔵 図書館・文庫リスト」へ (pdfファイル)


01a 古棋書所蔵図書館ベスト20

古棋書を所蔵する図書館・文庫・資料館のうち、所蔵件数の多い順に20位までをリストにした。

◇方針
 ・各館の蔵書目録から、江戸時代の、いわゆる古棋書に限って集計した。
  *印を付けた箇所は現物を確認済み。*印のない箇所については実際の所蔵数と多少の誤差があり得る。
 ・節用集・将棋会案内状・浮世絵・番付・人名録・中国将棋ほか異種将棋は外す。
 ・詰将棋が1局でもあれば詰棋書として数えた。
 ・個人所蔵は外したが、国会図書館に比肩する西村家ほか、このリストに入ってくる所蔵者がいる。

◇注
 ・関根名人記念館は「日本将棋書総覧」から清水孝晏氏旧蔵を集計した。実際にはそのすべてが同館に移ったのではなく、
  また同総覧はコピー所有を原本所有と区別しないで記載していることがあるので、集計の数字は多目になっている
    ※2012.10.29訂正 7月に公開された野田市立図書館の「将棋関係貴重書」から対象書を拾い出して集計したところ、
     意外なことに元の数より多くの書があった。刊本はわずかに減っていて、増えたのは写本。「日本将棋書総覧」から
     数えるとき、写本原本所有をコピー所有と判断して省きすぎた誤りだった。
 ・将棋博物館はかつて国会図書館に次ぐ蔵書をもっていたが、2006年閉館され蔵書は寄贈者に返還された。

所 蔵 先 全 棋 書 詰 棋 書
 刊本  写本   計  刊本  写本   計
 *国立国会図書館   129   147   276    49    33    82
 *天理大学附属図書館    80    17    97    27    3    30
  野田市関根名人記念館    30    22    52    14    10    24
 *天童市将棋資料館    39    8    47    16    1    17
 *三重県立図書館    33    7    40    14    1    15
 *半田市立図書館    29    8    37    14    5    19
 *大阪商業大学アミューズメント産業
  研究所越智コレクション
   36       36    12       12
  群馬県立文書館    13    21    34     2   12    14
 *宮城県図書館伊達文庫    14    10    24    9    9    18
 *彦根城博物館    12    12    24    7    6    13
 *東北大学附属図書館狩野文庫    17    7    24    7    3    10
  埼玉県立文書館    18    6    24     1    1     2
 *酒田市立光丘文庫    12    8    20    7    5    12
 *京都府立総合資料館    18    2    20    6        6
  金光図書館    19        19    7         7
 *国立公文書館内閣文庫    8    7    15    8    4    12
  佐賀県立図書館鍋島家文庫    7    8    15    3    6    9
  龍谷大学学術情報センター    13    2    15    7       7
  東京大学総合図書館    15       15    3       3
 *陽明文庫    11    3     14    10    1    11


このページのトップへ


02 国立国会図書館所蔵 全詰将棋書リスト

国立国会図書館は書名目録も分類目録も数が多いため、将棋関連の所蔵書について全貌をつかむことはなかなか難しい。そのうえに、
NDL-OPACの稼働に伴い、平成8年以降発行分については冊子目録の発行すらされなくなった。
このリストは、冊子目録とオンライン目録からすべての棋書を拾い出して、できるかぎり原本に当たって内容を調べたうえで、詰将棋作品が1局でも載っている棋書のすべてを一覧にしたものである。

   ※NDL−OPAC(National Diet Library−Online Public Access Catalog)とは、国立国会図書館の蔵書検索・申込システム
    である。図書館内では随所にある端末機から利用できる。また、図書館外からもほとんど休日なしで終日、インターネットを通
    じて蔵書検索できる。1件ずつだけでなく、「将棋」というようなキーワードを入力することで最大2,000件まで同時に出力する
    こともできるから、一覧性を損なうこともなく、これによって冊子目録の役割も十分果たす。

「国立国会図書館所蔵 全詰将棋書リスト」へ (pdfファイル)

このページのトップへ


03 国書総目録収載 棋書リスト

「国書総目録」は、「国初から慶応3年までに日本人の著編撰訳した書籍」(写本は明治以後も含む)を収載したものである。「国書総目録続編」の副書名をもつ「古典籍総合目録」と併せ、棋書に限らず古典籍を研究する者にとっては必要不可欠、かつ大変便利な目録である。
しかし、両目録とも書名の五十音順配列なので、書名が分かっていて内容を知りたい場合はいいが、将棋関連書をすべて抽出するという目的には非常に不便である。

国文学研究資料館では「国書総目録」のデータベース化を図ってきたが、国書基本データベース・古典籍総合目録データベースの暫定的公開を経て、最終的データベースとして、2006年12月日本古典籍総合目録を公開した。
インターネット上で「国書総目録」「古典籍総合目録」、さらにその後追加された書籍も見ることができるようになった。しかも「分類:将棋」で検索することによって、網羅的に抽出することが可能になった。
ただ、難点があって、「分類:将棋」で検索すると、統一書名といういはばインデックスがまず出てきて、統一書名ごとに「著作詳細」を開かないと所蔵先が分からず、所蔵先別の具体的書誌情報を知るには、さらにもう一段開かなければならない。やむを得ないこととはいえ、一覧性という点では冊子目録に及ばない。

このリストは、元々は「国書総目録」「古典籍総合目録」の棋書を抽出・網羅することが目的だったのだが、所蔵先を含めた一覧リストとして存在理由が残った。
  

「国書総目録収載 棋書リスト」へ (pdfファイル)

このページのトップへ


04 将棋関連史跡・施設

将棋史のうえで意義のある大橋家・伊藤家の墓所をはじめ、駒形の墓碑、詰将棋を掲げた奉額などを集めた。
インデックスなので、墓碑銘など具体的な詳細はほかの資料に当たっていただきたい。
将棋所の墓碑については、以下の資料に詳しい。
   大橋本家(伊勢原・上行寺)  詰パラ     1978.12  門脇芳桂
                   将棋マガジン  1981.12  かとうひさや
   伊藤家(東京・本法寺)    詰パラ     1976.12  門脇芳桂
                  詰パラ     1977. 8  門脇芳桂
                  近代将棋    2006.11  門脇芳雄
ウェブサイト「将棋パイナップル」には大橋本家、伊藤家、さらに初代宗桂(京都・本法寺)について興味深い情報のやり取りが載っている。

「将棋関連史跡・施設リスト」へ 

このページのトップへ


05 節用集の詰将棋作品

百科事典の将棋の項に詰将棋が載っていることがある。
T-37『懐中重寶記』,T-38『現今萬寶新書』,T-39『日用百科 國民之寶』,T-41『日本國民大鑑』,T-52『現代国民百科事典』,T-65『大日本百科事典』など。
例として数局挙げられていることが多い中で、不思議なのは『日本國民大鑑』で、何と「図巧」から50局も載っている。

江戸時代にも節用集という、今でいう百科事典・国語辞典に当たるものがあって、これに詰将棋が載ることがあった。調べてみるとかなりの数のものが見つかった。まだまだほかにもありそうな予感がする。
板元を変えて何度も版を重ねることが多く、差別化のために書名にはごてごてとした角書と副書名が付いている。
事典の中での見出しとして「將棊秘傳抄」とか「象戯之作物」とか立派な名前が付いている。
99%が二代大橋宗古「智実」をルーツとする作品で、唯一の例外が48『近來 象戲記大全』7番である。詰将棋作品の内容紹介が主旨ではないからであろう、選局には余り神経を配っていないように見える。もう少しきれいな初形で短手数のものを選ばなければ詰将棋というものを理解してもらえないだろうに、と思ってしまう。


          青色の書名をクリックすると表紙・巻頭題・詰将棋部分などの写真が出ます

 No. 書    名  発 行 年  局数
 35c  大福節用無盡藏  万延 2 (1861)    3
 35a  大福節用無盡藏  文久 3 (1863)    3
 16a  新益大成 大大節用集萬字海  宝暦 7 (1757)    4
 17a  新益大成 大大節用集萬字海  宝暦12 (1762)    4
 17b  新益大成 大大節用集萬字海  明和 5 (1768)    4
 17d  満字節用錦字選  明和 8 (1771)    4
 23  廣益百倍 萬寶節用冨貴藏  天明 8 (1788)    4
 24a  増補改正 満字節用錦字選  寛政 7 (1795)    4
 28  廣益百倍 萬寶節用冨貴藏  享和 2 (1802)    4
 29a  廣益百倍 萬寶節用冨貴藏  文化 8 (1811)    4
 35b  萬世早引増字節用集  文久 3(1863)    5
 36a  元治新版 早引増字節用集  元治年間    5
 10b  明海節用正字通大成 真草二行  宝暦 2 (1752)    6
 12a  明海節用正字通大成  宝暦 3 (1753)    6
 17i  眞草二行 訓音兩點 萬歳節用字寶藏  宝暦13 (1763)    6
 20a  明海節用正字通大成 真草二行  安永年間    6
 17c  新撰増補 文翰節用通寶藏  明和 7 (1770)    6
 28a  広益 新増用文章道大全  文化元 (1804)    6
 31  万世國寶文翰要領 文會節用集大成  文政 2 (1819)    6
  7b  真草改正 四海節用錦繍嚢 福寿求便  享保19 (1734)    7
  8  筆玉用文万寶大成 全  享保     7
 10a  文字改正 四海節用錦繍嚢 ゅレ求便  寛延 4 (1751)    7
 19  筆玉用文万寶鑑 全  安永 7 (1778)    7
 23a  萬徳節用集  江戸中期    7
  9  増廣字便 倭節用悉改嚢 二行兩點  元文 6 (1741)    7
  9a  倭節用悉改嚢  延享年間    7
 13  増廣字便 倭節用悉改嚢 二行兩點  宝暦 3 (1753)    7
 14  増廣字便 倭節用悉改嚢 二行兩點  宝暦 4 (1754)    7
 17  増廣字便 倭節用悉改嚢 二行兩點  宝暦12 (1762)    7
 17j  増益改正 字彙節用悉皆嚢  宝暦13 (1763)    7
 17e  大新増節用無量藏 真草兩點  安永 2 (1773)    7
 17h  大新増節用無量藏 真草兩點  安永 2 (1773)    7
 18  増廣字便 倭節用悉改嚢 二行兩點  安永 5 (1776)    7
 30  増廣字便 倭節用集悉改嚢 音訓両点  文政元 (1818)    7
 32  増廣字便 倭節用集悉改大全 音訓両點  文政 9 (1826)     7
 32a  増廣字便 倭節用集悉改大全 音訓両點  文政 9 (1826)     7
 34  大廣益 新改正 永代節用無盡藏 眞艸両點  天保 2 (1831)     7
 34b  大廣益 新改正 永代節用無盡藏 眞艸両點  天保 2 (1831)     7
 35  大廣益 新改正 大日本永代節用無盡藏 眞艸両點  嘉永 2 (1849)     7
 36  大廣益 新改正 大日本永代節用無盡藏 眞艸両點  文久 4 (1864)     7
  1  大海節用和國寶藏  元禄 6 (1693)    9
  3  大字 立新節用和國寶藏  宝永 7 (1710)    9
  4  大字 大海節用和國寶藏  宝永 7 (1710)頃    9
  4a  大字 立新節用和國寶藏  正徳 3 (1713)    9
  5  万宝式目  正徳 3 (1713)    9
  7a  大字 万海節用和國寶藏  享保 9 (1724)    9
 15  寶暦節用字海藏  宝暦 6 (1756)    9
 27  新撰増益 都會節用百家通 雅俗類字両點  寛政13 (1801)     9
 27a  新撰増益 都會節用百家通 雅俗類字両點  寛政13 (1801)     9
 29  新撰増益 都會節用百家通 雅俗類字両點  文化 8 (1811)     9
 31a  新撰増益 都會節用百家通 雅俗類字両點  文政 2 (1819)     9
 33   新撰増益 都會節用百家通 雅俗類字両點  文政13 (1830)頃     9
 34a  新撰増益 都會節用百家通 雅俗類字両點  天保 7 (1836)     9
 11  新刻増字 倭漢節用無雙嚢 真艸二行  宝暦 2 (1752)    9
 22  新刻増字 倭漢節用無雙嚢 真艸二行  天明 4 (1784)    9
 22a  新刻増字 倭漢節用無雙嚢 真艸二行  天明 4 (1784)    9
 22b  新刻増字 倭漢節用無雙嚢 真艸二行  天明 4 (1784)    9
 26  新刻増字 倭漢節用無雙嚢 真艸二行  寛政11 (1799)    9
  2    改正増字 萬世節用集廣益大成 二行兩點  宝永 3 (1706)頃   10
  7    改正増字 萬世節用集廣益大成 二行兩点  享保 8 (1723)    10
 16    改正増字 萬世節用集廣益大成 二行兩点  宝暦 6 (1756)    10
 17L  明和新編 早引大節用集  明和 8 (1771)   10
  1a  初學節用集大成 二行兩點  元禄年間   15
  6a  廣徳節用満玉寶藏  享保 5(1720)   15
 17k  庶民良貨 廣徳節用満玉寶藏 二行兩點  宝暦年間   15
 10  永代節用大全無盡藏  寛延 3 (1750)   15
 12   改正増補 万宝 不求人 永代節用大全無盡藏 完  宝暦 2 (1752)    15
 17g  改正増補 万宝 不求人 永代節用大全無盡藏 完  明和 7 (1770)    15
 20  増字万倍 萬代節用字林藏 改正新板  安永年間   15
 21  増字万倍 萬代節用字林藏 改正新板  天明 2 (1782)   15
 24  増字万倍 萬代節用字林藏 改正新板  寛政 7 (1795)   15
 25  増字万倍 萬代節用字林藏 改正新板  寛政 8 (1796)   15
  6  字福節用大黒袋 真草兩點  正徳 4 (1714)  ≧6

 15a  和漢節用萬寶圖會  宝暦 6 (1756)  不明
 16b  寶暦節用字海藏  宝暦 9 頃  不明
 17f  男節用正字□  明和 6 (1769)  不明
 19a  字林節用五嶽篇  安永 7 頃  不明
 28b  字林節用五嶽篇  文化 3 (1806)  不明

 39a  物識天狗  明治24 (1891)    2
 36c  改正増補 紙入日用便  明治14 (1881)    5
 36d  改正増補 紙入日用便 第三版  明治16 (1883)    5
 37a  児童學藝 萬物獨稽古 全  明治18 (1885)    5
 37c  萬民有益 諸藝獨案内 全  明治20 (1887)    5
 38a  活用新撰 いろは數引節用集  明治22 (1889)    5
 38b  有益大全 萬藝獨稽古  明治23 (1890)    5
 40a  明治節用無盡藏 全  明治37 (2004)    5
 38  百般實用 現今萬寶新書 全  明治20 (1887)    5
 37b  現今活用 記臆一事千金  明治19 (1886)    6
 39  日用百科 國民之寶 五  明治24 (1891)    6
 37  改正新版 懐中重寶記 全  明治18 (1885)    7
 36e  萬民必携 懐中日用便利  明治12 (1879)   19
 40b  現代娯樂全集  明治44 (1911)   21
 40c  家藝大辭典  明治45 (1912)   21 


詰将棋作品の出典を見るには
     ↓
「節用集の詰将棋作品リスト」へ
 (pdfファイル)

このページのトップへ


06 月名の異称

古棋書を見ていると刊記や序文・跋文の日付として頻繁に現れる年月日の表現を集めた。

「月名の異称リスト」へ

このページのトップへ


07 「將棋月報」記事索引

このリストは最初、2003年湯村光造氏が蔵書を国会図書館に寄贈される際に、目録代わりに添付することを目的に作成した。
詰将棋研究会の名でコピー版が作られ、湯村氏の「『将棋月報』で辿る戦前の詰棋界」と同時に頒布された。
今回、以下の点を修正した。
    「将棋月報」→「將棋月報」3か所
    P. 3 見出し    S2→S3
    P.10 75号2行目  將棋史→将棋史

「「將棋月報」記事索引リスト」へ (pdfファイル)

このページのトップへ


08 「詰棋めいと」記事索引

このリストは、かつて30号までの分を作成して、「詰棋めいと」31号(2002年11月)の編集後記に告知されて希望者に配布された。今回のリストとの相違点は以下のとおり。
   31号・32号分を追加。
   常設コーナー分の最終回を示す「〜[30号(xx回)]」を「〜31号(xx+1回)」に修正、7か所。
   訂正 P.3 7号3行目  籐吉流将基誥手控→藤吉流 将基誥手控
      P.7 18号5行目  忘れ難き七条兼三氏→忘れ難き七條兼三氏
      P.8 21号7行目  豊聰→豐聰

「「詰棋めいと」記事索引リスト」へ (pdfファイル)


このページのトップへ

サイトのTOPページへ