詰将棋の散歩道



 01 詰将棋の散歩道  篠原 昇
 福田 稔
 磯田征一
 と、ゲスト
 2011. 6.11
 2017. 5. 3
 詰パラ連載の転載
 02 詰将棋集め30万作  荒川貴道  2014. 3.12  日本経済新聞からの転載
 03 古今の詰将棋本 網羅  磯田征一  2014. 3.12  日本経済新聞からの転載




01 詰将棋の散歩道

 福田稔さん・篠原昇さんと磯田征一の3人による、詰将棋パラダイス連載「詰将棋の散歩道」を転載する。江戸時代から戦前まで
 の詰将棋にまつわる話題というだけの枠を決めてあとは何が出てくるかわからない、論考的読み物あるいは読み物的論考という
 感じの2ページ限定の雑話。
 積極的な加筆はしないが、誤りは訂正し、紙数の都合で省略した部分を補っている。

 2013年1月号の執筆者は大橋光一さん。大橋さんはたくさんの詰棋人に利用されているサイト「詰将棋博物館」を管理する館長さんです。
 この後も大橋さんの再登場や、また別の人の登場が期待されます。
 久しぶりにゲスト、2016年6月号掲載、金子義隆さんの登場です。金子さんは有力な作家であると同時に、古図式についても熱心家で、
 自身ブログをもって精力的に論考を発表されています。

 磯田は2017年4月号(第76回)を最後に降板し、レギュラーは2人になった。


                               
 第77回 (2017年 5月号)  [ 五代大橋宗桂図式(1) ]
          消えた"献上図式"
 福田 稔  支度中
 第76回 (      4月号)  「詰将棋の散歩道」拾遺  磯田征一  2017. 5. 3
 第75回 (      3月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 16  篠原 昇  2017. 4. 7
 第74回 (      2月号)  混迷・初代伊藤宗看図式(2)  福田 稔  2017. 3. 2
 第73回 (      1月号)  英語チェス本の詰将棋  磯田征一  2017. 2. 3
 第72回 (2016年12月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 15  篠原 昇  2017. 1. 3
 第71回 (     11月号)  混迷・初代伊藤宗看図式(1)  福田 稔  2016.12. 5
 第70回 (     10月号)  オランダ語チェス本の詰将棋  磯田征一  2016.11. 3
 第69回 (      9月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 14  篠原 昇  2016.10. 5
 第68回 (      8月号)  混迷・二代宗古図式  福田 稔  2016. 9. 7
 第67回 (      7月号)  詰まない詰将棋  磯田征一  2016. 8. 4
 第66回 (      6月号)  將棋月報社版『將棋衆妙』  金子義隆  2016. 7. 4
 第65回 (      5月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 13  篠原 昇  2016. 6. 5
 第64回 (      4月号)  挿絵に描かれた詰将棋図
     ~二代宗古図式の珍~
 福田 稔  2016. 5. 5
 第63回 (      3月号)  岡田乾州の遺した棋書  磯田征一  2016. 4. 6
 第62回 (      2月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 12  篠原 昇  2016. 3. 6
 第61回 (      1月号)  2016 "百年辻" 散歩  福田 稔  2016. 2. 4
 第60回 (2015年12月号)  お見事! 岡田乾州波乱の人生  磯田征一  2016. 1. 6
 第59回 (     11月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 11  篠原 昇  2015.12. 5
 第58回 (     10月号)  大道棋(詰将棋出題型)の創始者は?  福田 稔  2015.11. 5
 第57回 (      9月号)  写本コレクション  磯田征一  2015.10. 4 
 第56回 (      8月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 10  篠原 昇  2015. 9. 5 
 第55回 (      7月号)  初代宗看図式 "虚白" の序  福田 稔  2015. 8. 7
 第54回 (      6月号)  謎がいっぱい「六韜三略」  磯田征一  2015. 7. 7
 第53回 (      5月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 9  篠原 昇  2015. 6. 5
 第52回 (      4月号)  謎の"詰将棋の解"2題(後)  福田 稔  2015. 5. 5
 第51回 (      3月号)  明治2年のフェアリー  磯田征一  2015. 4. 2
 第50回 (      2月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 8  篠原 昇  2015. 3. 5
 第49回 (      1月号)  謎の"詰将棋の解"2題(前)  福田 稔  2015. 2. 6
 第48回 (2014年12月号)  渡瀬未亡人の無心  磯田征一  2015. 1. 3
 第47回 (     11月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 7  篠原 昇  2014.12. 4
 第46回 (     10月号)  外伝・六代大橋宗英の享年  福田 稔  2014.11. 6
 第45回 (      9月号)  献上本と林家序文  磯田征一  2014.10. 5
  2015. 4.28
 第44回 (      8月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 6  篠原 昇  2014. 9. 6
 第43回 (      7月号)  発見!『詰パラ』の点訳本  福田 稔  2014. 8. 5
 第42回 (      6月号)  『徳川實紀』に現れる将棋  磯田征一  2014. 7. 7
 第41回 (      5月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 5  篠原 昇  2014. 6. 4
 第40回 (      4月号)  『献上図式』の献上年月日(後)  福田 稔  2014. 5. 3
 第39回 (      3月号)  長崎の大橋宗銀  磯田征一  2014. 4. 3
 第38回 (      2月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 4  篠原 昇  2014. 3. 6
 第37回 (      1月号)  『献上図式』の献上年月日  福田 稔  2014. 2. 4
 第36回 (2013年12月号)  『待宵』研究の現状  磯田征一  2014. 1. 5
 第35回 (     11月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 3  篠原 昇  2013.12. 5
 第34回 (     10月号)  三代宗與 "養真" の献上年月日  福田 稔  2013.11. 6
 2014.10. 5
 第33回 (      9月号)  孤本あれこれ  磯田征一  2013.10. 6
 第32回 (      8月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 2  篠原 昇  2013. 9. 4
 第31回 (      7月号)  看壽が改良? "無双" 第十一  福田 稔  2013. 8.13
 第30回 (      6月号)  幻の詰棋書  磯田征一  2013. 7. 3
 第29回 (      5月号)  将棋雑誌別冊付録総目録 1  篠原 昇  2013. 6. 3
 第28回 (      4月号)  『象戯馬法并作物』は献上図式だった  福田 稔  2013. 5. 3
 第27回 (      3月号)  古棋書を調査したい図書館  磯田征一  2013. 4. 4
 第26回 (      2月号)  新聞詰将棋の誕生と終戦直前  篠原 昇  2013. 3. 3
 第25回 (      1月号)  将棋図巧第93番は偽作為作品  大橋光一  2013. 2. 5
 第24回 (2012年12月号)  幻の献上本『象戯作物』  福田 稔  2013. 1. 4
 第23回 (     11月号)  寄せ字大小  磯田征一  2012.12. 5
 第22回 (     10月号)  佐藤三兄弟  篠原 昇  2012.11. 3
 第21回 (      9月号)  三代大橋宗桂の無念  福田 稔  2012.10. 3
 第20回 (      8月号)  名は体を表さず-書名の話  磯田征一  2012. 9. 3
 第19回 (      7月号)  二百円懸賞詰将棋  篠原 昇  2012. 8. 8
 第18回 (      6月号)  悲運の名人候補・四代大橋宗傳  福田 稔  2012. 7. 3
 第17回 (      5月号)  献上図式あれこれ  磯田征一  2012. 6. 3
 第16回 (      4月号)  週刊誌詰将棋のはじまり  篠原 昇  2012. 5. 7
 第15回 (      3月号)  続 "死刑の宣告" 異聞  福田 稔  2012. 4. 3
 第14回 (      2月号)  図式献上の日  磯田征一  2012. 3. 4
 第13回 (      1月号)  アマ作家に稿料  篠原 昇  2012. 2. 6
 第12回 (2011年12月号)  "死刑の宣告" 異聞  福田 稔  2012. 1. 3
 第11回 (     11月号)  詰棋書に見る記譜法  磯田征一  2011.12. 3
 第10回 (     10月号)  六韜三畧 象棋哲經  篠原 昇  2011.11. 3
 2013. 1. 4
 第 9回 (      9月号)  「京作」とは誰か  福田 稔  2011.10. 5
 第 8回 (      8月号)  デジタルライブラリー  磯田征一  2011. 9. 4
 第 7回 (      7月号)  十代将軍徳川家治公の詰将棋  篠原 昇  2011. 8. 7
 第 6回 (      6月号)  謎の詰棋書『象戲手段草』  福田 稔  2011. 7. 5
 第 5回 (      5月号)  渡瀬荘次郎の和歌  磯田征一  2011. 6.11
 2016. 2.23
 第 4回 (      4月号)  史上第1号  篠原 昇  2011. 6.11
 第 3回 (      3月号)  老中の詰将棋  福田 稔  2011. 6.11
 第 2回 (      2月号)  写本の話  磯田征一  2011. 6.11
 第 1回 (      1月号)  詰将棋で段位を授与  篠原 昇  2011. 6.11
 2011.10. 5



02 詰将棋集め30万作



[日本経済新聞
  2013年12月19日掲載]
   詰将棋集め30万作

    ◇データベース生かし愛好者・プロ棋士と広く交流


  スポーツ新聞や週刊誌などに載っている詰将棋(つめしょうぎ)。毎日・毎週出題されている作品が、その後誰の目に
 も触れず忘れ去られてしまう・・・・。それはあまりに忍びないと思い、私はそうした詰将棋の保存活動を
 続けてきた。2004年からは「詰将棋保存会」を名のり活動、これまでに集めた詰将棋は30万作を超
 す。
  はじまりは30年ほど前に遡る。大学を出て就職して2、3年後のこと。ラーメン屋で注文をしてから
 待つ間、手に取った雑誌に詰将棋が載っていた。少し考えてみたが、私の棋力ではなかなか解けない・・
 ・・。そうこうするうちラーメンがやって来た。仕方ない。時間のある時に解くことにして、問題は手帳
 にメモをしておこう。
  メモを眺めるうち、他の新聞や雑誌に載っている問題も見たくなった。図書館に出かけてバックナン
 バーの問題もメモしはじめた。いつしか、解ける解けないより、記録することの方が大切になってきた。
  ☖  ☖  ☗
  大先輩の後を継ぐ
  
そんな頃、新潟に住む石沢孝治さんと知り合った。石沢さんは新聞・雑誌の詰将棋を収集していた大
 先輩。私が各種媒体を入手しやすい首都圏に住んでいたため、石沢さんの収集活動に協力させて頂くこ
 とになった。
  だが、10年ほど前、石沢さんが亡くなられてしまう。保存活動もこれまでか・・・・。そんな頃、詰将棋
 作家らが集う全日本詰将棋連盟(全詰連)の会長だった故・門脇芳雄さんから声をかけられた。「誰か
 が石沢さんの活動を継がないといけない」。候補者は他にもいたが、首都圏在住者は私だけ。私が石沢
 さんの後を継ぐことになった。
  収集のため、私は毎週末、全国の新聞を閲覧できる新聞ライブラリー(横浜市)に通う。雑誌は、2、
 3カ月に1度、国会図書館に行ってチェック。協力者から、地方のミニコミ紙や自治体報に載る作品を
 教えてもらいもしている。妻からは「普段はズボラなのにそこだけはきちょうめんね」と笑われている。
  ☖  ☗  ☖
  同一作チェックで貢献
  自衛隊OB組織による月刊紙「隊友」のバックナンバーを見に、東京・市ケ谷の防衛省を訪れた時は
 さすがに気が引けた。茨城県坂東市の商店街の歩道には詰将棋10題が埋め込まれていて、3カ月に1度
 作品が入れ替えられる。当初はそのたびに足を運んでいたが、後に知り合いが出題していると判明。問
 題を教えてもらえるようになりだいぶ楽になった。
  集めた作品はパソコンでデータベース化しているので、過去にどんな問題が出題されたかチェックが
 可能だ。特に手数が短い詰将棋の場合、偶然、過去の作品と同じものができてしまうこともある。この
 データベースがあれば、同一作の出題をなくすことができる。
  以前、NHK(Eテレ)の将棋講座で、ある講師の先生が出題する予定だった懸賞問題を放映前にテ
 キストで見て、過去に別の新聞で出されたものと同じであることがわかった。NHKに連絡したところ、
 先生のご厚意により放映時には問題が差し替えられていた。
  収集活動を通じて、勝浦修九段や浦野真彦八段、北浜健介八段ら、詰将棋作家としても有名なプロ棋
 士の先生方ともお知り合いになれた。
  勝浦先生が過去の自作を記したノートを紛失した際、データベースから勝浦先生の作品を抜き出して
 お渡ししたことがある。以来、先生とはたまにお酒や旅行をご一緒させてもらえるようになった。

     詰将棋データベースの作品例
  ☗  ☖  ☖
  専門誌情報と統合が夢
  2011年からは、門脇さんが全身全霊を傾けた将棋専門誌での出題をまとめたデータベース「t-
 base」の維持・管理も任され、全詰連の幹事も拝命した。棋力も高くなく、詰将棋も作れない人間
 としては異例だと、自分でも思っている。ラーメン屋で詰将棋がすぐ解けていたら保存活動は始めてい
 なかったわけで、不思議なものだ。
  私の本職はシステムエンジニア。一般紙・誌の作品をまとめたデータベースと「t-base」を統
 合した、一大データベースをいつか作り上げたいというのが夢だ。
  我々の調査では、新聞・雑誌に出題されている詰将棋は年間約3800。10年前と比べて1割」ほど
 減った。これを食い止めるべく、将棋ファンの皆様には、積極的に掲載作品を解いて懸賞に応募してい
 ただけたらと思う。
      



03 古今の詰将棋本 網羅



[日本経済新聞
  2014年2月10日掲載]
   古今の詰将棋本 網羅

    ◇江戸~現代、小説や事典まで3000点収めた目録作成


  将棋に関する本で現存する最古のものは、1602年に初代大橋宗桂が著した詰将棋の本「将棋造物」
 である。初代宗桂が後陽成天皇に献上したものだ。以来現代まで400年に以上、多くの詰将棋書が作
 られてきた。その数、約3000に上る。
  ☖  ☗  ☖
  先人が残した文化遺産
  その全体像をつかみたいと、私は仲間たちと10年以上かけて、あらゆる詰将棋本を収めた目録を作成
 してきた。目録は一応の完成をみたが、漏れを埋める作業、新刊を加える作業に終わりはない。先人た
 ちがの残した文化遺産の保存に、生涯務めるつもりだ。基礎資料であるこの目録が元になって、今後の
 詰将棋研究が深まればと思う。
  体系だった目録の作成は、詰将棋界にとって悲願だった。過去に2つ、目録と呼ばれるものが作られ
 ているが、組織的・体系的な調査の結果ではなく、網羅というにはほど遠かった。
  愛好家団体である全日本詰将棋連盟(全詰連)内で、目録を作ろうと詰棋書保存委員会が設置された
 のが1993年。私も委員として参加した。だがほとんど進まないまま、2003年に委員長の森田正
 司氏が亡くなってしまう。
  そんな時、当時の全詰連会長、故・門脇芳雄さんに声をかけられた。「後を継いでもらえないか」。
 大変な仕事になるのはわかっていた。「委員を選ばせてもらえるなら」。そう条件をつけ、委員長を引
 き受けた。長年勤めた宝飾品会社を定年退職して間もなかった。
  心から詰将棋を愛する私だが、実は作るのも解くのもあまり得意ではない。一方で歴史への興味は人
 一倍あったので、こうした仕事で貢献できるのがうれしくもあった。調べる、集めるといった作業は苦
 にならない。
  ☖  ☗  ☖
  全国各地の図書館巡る
  委員として集まったのが、越智信義さん、北村憲一さん、佐原義利さん、篠原昇さん、福田稔さん。
 皆さん、屈指の研究者、コレクターである。詰将棋は狭い世界。いつからということもなく皆知り合い
 だ。特段の顔合わせもなく、03年8月、保存委員会が再始動した。
  目録のたたき台としたのが、佐原さんが個人的に作成していた詰将棋本のリストだ。江戸時代の作品
 は傾倒する人も多く、本の研究もある程度進んでいる。一方で、現代の本を網羅的に調べている人はほ
 とんどいない。その点で、私家版を含め、現代にも強い佐原さんのリストは貴重だった。これを磨き上
 げ、収録書を追加していく形で作業を進めた。
  国立国会図書館、国立公文書館、関根名人記念館(千葉県野田市)、大山名人記念館(岡山県倉敷市)
 --。江戸時代までに作られたあらゆる本の所蔵先をまとめた「国書総目録」から詰将棋本を洗い出し、
 各地の図書館を巡って所在を確認した。国会図書館にある各地の図書館の蔵書目録から、将棋に関係が
 ありそうな和装本をチェックする作業もやり遂げた。国会図書館にはどれだけ通ったかわからない。
  ほかの委員からは、正攻法の調査では見つからないような本の通報が次々に入った。海外図書館の所
 蔵品を含めて、所在はわかっているが、時間やお金の制約から現地調査ができずにいるものが多いのは
 心残りだ。
  5年の苦労の末、08年、「古今詰将棋書総目録」を全詰連から刊行した。収録したのは2739点。
 江戸時代318、明治・大正212、 昭和1424、平成785。改めて、現代が詰将棋隆盛の時代
 だと再認識した。

     発行年のほか、所蔵先などの情報も収めた

  ☖  ☗  ☖
  ネットで情報募り改訂
  目録には、これらのほかに斎藤栄「王将殺人」、藤沢桓夫「将棋童子」など詰将棋が載っている小説、
 随筆、事典等も300点近く収めた。個人的に興味を持って集めていた分野だ。当然、我が家には本が
 あふれている。母屋のほかに、書庫として掘っ立て小屋を2つ、庭に建てた。妻は「よくやるねえ」と
 笑っている。
  目録を刊行し委員会が解散になった今も、追加・修正を続けている。佐原さんは国会図書館へ納本さ
 れる新刊から、雑誌の小さな記事・広告までチェックを続けている。
  09年、「詰将棋一番星」というホームページを立ち上げた。目録の改訂情報を掲載するほか、未収録
 本の情報を募るためだ。情報を寄せてくれる方々のおかげで、目録刊行時から新たに300を超す本が
 追加できた。珍しい本の情報をお持ちの方がいたら、気軽にご連絡頂けるとありがたい。


このページのトップへ


サイトのTOPページへ